直感直球勝負

カテゴリ:俺なら過去など語らない・・( 2 )

1977年4月 鼻磁石事件

春ってオカシナ人が多くなる季節だよね。
そんな魔法にかかってしまった子供の話…

俺は色んな物を分解するのが好きだったのだが、
その日はとってもミラクルな物がオモチャから出てきました!
それは、円柱形の磁石二つでした。
直径8mmで長さは12mm程度あったかなぁ?
とにかく最初のうちは、子供らしく、
ありとあらゆる場所にくっ付けたり、
砂鉄(懐かしい響きだなぁ)を採ったりして遊んでたのだが…
ふとした瞬間、俺はミラクルな使い方を発想し、実行していた。
それは…
磁石を鼻の穴の中に入れて、
鼻の外側に色んな鉄を付けるという実験(?)であった。
円柱形の磁石は見事なまでに
俺の鼻の穴にフィットし身体の一部と化した。
ちなみにダブル(両穴)で入った。
気分は超能力大百科でしか観た事が無かった磁石人間の鼻だけバージョンである!
俺は妹に…
それこそ正に鼻高々に鼻にスプーン等を付けてビビラセまくった!
しかし、そんな俺のプチエセ超能力者気取りも、
そう長くは続かなかった…




んッ! ヤウ゛ァイ。
鼻から磁石が抜けねぇ!

途中、鼻水が出てきた時に磁石が抜けそうになったので
無理矢理奥の方へ何度も押し込んでいたのが仇となったらしい。
なんとか右鼻からは出す事ができたのだが、
左は出てくる気配すら感じない(大粒ナミーダ
結局、買い物から帰ってきた母に、
悲しくも叱られながら状況を説明する羽目となり、
鼻の穴に磁石を入れたまま病院まで行って、

俺:「すみましぇん、ひゃなのなかに、ジヒャクがひゃいって
取れなくなってしまったので取り出してくだひゃい…」
医者:「エッ!何で?」
俺:「いひゃー 何ででひょうかねぅ…」
といったような間抜けな言い訳をしながら、
無事、手術するまでも無く磁石は摘出されたのだった…。
その後、俺には鉄では無く、アホの称号が付いたのであった(ナミーダ
[PR]
by foos | 2005-04-15 18:52 | 俺なら過去など語らない・・

1979年8月

頭がオカシクなってしまいそうなくらい暑かった あの日・・

本当に頭の悪いあの事件は起こったのだった。


仲間と市民プールに行った帰りに自転車で家を目指してを軽快に走っていた。
途中にある中央高速の高架を超えたあたりで、ふとタイヤを見てみると・・

スポークが見えない!!

早いスピードで走っているので見えなくて当然だ。

しかし待てよ・・もしかしたら、本当に無くなってるのかもしれない・・(キュピーンッ!

そんな「探求心」と「プールの塩素」と「太陽」が
素直な小学生を狂わせてしまったのかもしれない・・。

「実験するっきゃねーッ!」
俺は直線をかっ飛ばしつつ、
お気に入りであるレインボーカラーの鼻緒ビーチサンダルのまま、
右足を前輪のライトの前あたりに「グイッ!」っと突っ込んだ・・。

次の瞬間・・・









俺は「自転車に跨り、前輪に足を突っ込んだまま」宙に舞った・・

ほぼ一回転。

綺麗なフロントフリップの弧を描いた・・

血流を撒きつつ・・。

透明のプール用バックは畑の中まで飛んで行ってた。
[PR]
by foos | 2005-04-13 20:55 | 俺なら過去など語らない・・



マンチカンのピョン吉です。 ひと休みしてってください♪   Munchkin 단발고양이

にほんブログ村 猫ブログ マンチカンへ

↓リニューアル中!
Fragrant Olives

懐かしの「点取り占い」w
点取り占いブログパーツ
以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧